トップ <前の日記(2007/09/17) 次の日記(2007/09/19)> 最新 編集

(

2007|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|07|08|10|11|12|
2010|01|

2007/09/18 坊主丸儲けらしい [長年日記]

_ [日々] 祖父の葬儀

どっかのホールで葬儀。
坊主の言ってることを理解しようとしてみたが無理だった。
葬儀、法要とあってその後に会食だったのだが、
親父により全員に酒を注いで回ってこいとの指令。
普段家にいないものだから、からまれるからまれる。
まあ、正直ほとんど何言われたかなんておぼえてないg
その後は帰宅して納骨をして、東京に戻れないので今日も飲んだ。

_ [雑感] さよならこまち

どうも明日も新幹線があてにならん気がしたし、
論文の準備あるからできるだけ早く帰りたいし、ということで
いろいろ片付いた夜に親に車を出してもらって、
秋田駅に往復で買った乗車券の払い戻しをしに行くことにした。
大雨で運休だったからもしかしたら往復割引分は認められるか、と思ったんだが、
このケチな気持ちがよくなかったっぽい。

以下、なんかよく考えたらクレーマー入ってる気もしないでもないので、
読まないのを推奨。
結論だけ言うと、俺もアレだったが、秋田支社の駅員は対応悪すぎ。

とりあえず駅員とのやり取りの要約。

これ(復学割の乗車券)の払い戻しお願いします。
駅員A:(時計を見て)あー、これだと通常(往復割引分はなし)の払い戻しになりますよ。

今日は雨でこまちは運休だったんじゃ?
駅員A: 今日乗るっていう証明がないんじゃダメ。有効期限まだあるし、
今日のこまちの特急券持ってないでしょ?
(注: たしかにこの時点で大曲までの奥羽本線も復旧してた)

昨日取ろうと思ったら何もアナウンスなしに取れなくなったっての。おまけに今日は一日動いてないって言ってたし。
駅員A: 返事がない、ただの(ry
(注: それとなく食い下がったけど、まあダメ。これは仕方ないところもあって納得できるんだが、都合悪くなるとダンマリってのもなあ。)

明日こまち動くの?
駅員A: たぶん、だいじょうぶだと思いますよ。(たぶんを超強調

(それでも明日の午前中には研究室行きたいし、そんなたぶんを強調されてあてにできないっての)
通常でいいので払い戻してください
駅員A: え、え?本当にいいんですか?

ぶっちゃけ、本当に損なのは払い戻し手数料の210円だけだし、
往復割引適用分にしても数百円だったので、
まあ想定内だし、このくらいならいいや的な感じで窓口からは撤退。
その後、指定席券売機で、親戚から頼まれた切符を発券してたら、
そこが窓口から死角になってるものだから、俺がいなくなったと思った駅員が話し出して
(以下、言葉遣いは正確ではないけど、内容的にはこんな感じ)

駅員B: さっきの客なんだったの?
駅員A: 往復学割の払い戻しだったんだけど、手数料なし・往復割引有効での払い戻しはダメかと。
有効期限もまだ残ってる切符だし、ダメだよなあ。明日乗ればいいんだし。
どうせ運休だったから優遇されると思って来たんじゃないの?

って、おい。
それが事実なのは否定しないが、思いっきり聞こえてるぞ。
とりあえず、客のことべらべらしゃべってるんじゃねー。
それに、客のほうもいろいろ事情あるんだから。
別に新幹線が運休じゃなかったら、今日乗って帰るつもりだったんだし、
結局払い戻したぞ。
学割→学生→暇とでも思ったんだろうな。
こっちは葬儀あって飛んで帰って来たってのに。
払い戻し、って最初に頼んだときから反応がおかしかったしな。
ムカついたので指定席券売機で発券した切符についての質問をして、
話を聞いてたことをアピールして帰った。

ついでだから文句書くと、秋田付近の公式のアナウンスがさっぱり。更新も遅すぎ。
昔のことも思い返してみると、秋田支社は平常時はともかく、
トラブルあったときに、俺は悪くねー、天気が悪いんだから仕方ねーだろ、
ってのが態度に見えてくるんですy
(ついでについでに、JRに勤務してたとかいう親戚も態度悪すぎ。
酒の席で真剣に説教とかするんじゃねー。こいつもたぶん秋田支社だろうし。)

ゴネ得な対応されることも多いらしいし、クレーム入れようかとも思ったが、
もう二度と使わなきゃいい話だ。航空会社のほうが補償とかの対応がしっかりしてそうな気がするし。
ということで、大学入試のときからけっこう愛用してたこまちだが、
もともと不満もあったし、これからは極力利用しないことに決めた。
時間あったらバス、なかったら飛行機だな。

以上、最近はあんまりイライラしないようにしよう、と思ってた人の戯言でした。